【S9使用構築】2ROM21達成ホルランクマンダ

 

f:id:marshtomp1:20180515163408p:image

初記事なので読みづらい所など多々あると思いますが最後まで読んで頂けると嬉しいです。シーズン9お疲れ様でした。最終日に溶かしてしまい悔いの残る結果となってしまいましたが折角なので使用した構築をまとめました。

 

【個体紹介】

 

ホルード@きあいのタスキ

特性:ちからもち

性格:いじっぱり

161(4)-118(252)-97(0)-x-97(0)-130(252)

技構成:おんがえし じしん 冷P  電光石火

 

対面性能が高く圧倒的な火力を持っていた。

電光石火で与えるダメージも大きいので、削れた相手をホルードの石火で倒していくという勝ち筋を作れるのもかなり優秀だった。

後述するランクルスが苦手なギルガルドやゲンガーに強く、パーティとの相性もよかった。

ただポリ2などへの崩し性能が欲しい場面も多々あったので冷Pの枠を剣舞かがむしゃらに変えてもいいかもしれない。

 

 

 

 

ボーマンダ@メガ石
特性:いかく
性格:むじゃき
メガ前

171(4)-182(212)-101(4)-135(36)-90(0)-167(252)

メガ後

171(4)-192(212)-151(4)-145(36)-99(0)-189(252)

技構成:すてみタックル  地震  流星群 大文字

 

最初はAS陽気捨て身地震マンダを使っていたが、ナットレイがパーティ単位で重めだったこと、またマンダに死に出しして威嚇を入れてくるマンダがそこそこきつかったので両刀マンダに変更してみた。そうしたら意外と流星群が警戒されずかなり使いやすかった。外しは未考慮😊

羽休めがないので体力管理はそこそこシビア。

 

 

 

フリージオ@コオリZ

特性:ふゆう
性格:おくびょう

173(140)-x-71(4)-120(36)-165(76)-172(252)

技構成:絶対零度、自己再生、フリドラ、黒い霧
Cフリドラで無振りガブ確1
S最速=準速マンダと同速
余りで特殊耐久最大

 

http://pythapoke.hatenablog.com/entry/2018/04/01/185904

調整はピタゴラスさんのものを使用させて頂きました。

 

オニゴーリ56しの大義名分を得た犯罪者。受けル、ゴーリ、イーブイバトンなどの害悪パやドヒドイデなどの隠キャポケモンで受け回す構築に強い。

この構築で重めな       に強めな点も良かった。

弱い点を上げると、

・結局運ゲ

・火力が💩

・物理耐久低すぎ

な所。癖が強く、軸にできるポケモンとは言えないが、補完としてかなり優秀だった。崩せない構築はフリージオで零度を撃ちまくります。やはり犯罪者

 

後述するギルガルドとの相性補完がとてもよく、その2匹でサイクルを回しやすかった。

 

 

 

 

 

ランクルス@アッキのみ

特性:マジックガード
性格:ずぶとい

技構成:サイキネ  気合い玉  瞑想  自己再生

217(252)-x-139(252)-145(0)-105(0)-51(4)

S:無振り30族抜き

 

最強のカグヤキラー。想像以上に起点にできる範囲が広くとても驚いた。受け気味の構築には滅法強いが、グライオンのギロチンには注意。

も起点にできるが、こいつをそこそこ安定して倒せるのがフリージオかこのポケモンだけなので、のような、力こそパワーな構築にがいると、ランクルスを選出しても他のポケモンに押し切られてしまうのでかなり辛い。

一度積めば強引に全抜きしてしまうことがとても多く、面白いポケモンだった。前にも述べたが、ランクルスが苦手とするが強く、相性もよかった。

S4振りについては同じ30族であるモロバレル意識で、今まではずっとD4振りで使ってきたが、いつもモロバレルと対面した時同速勝負になるので、バレルピンポイントではあるが絶対Sに割いたほうがいい。

 

 

 

 

ギルガルド@パワーウエイト

特性:バトルスイッチ

性格:なまいき

技構成:シャドボ  ジャイボ  影うち  キンシ

【盾】165(236)-75(36)-170(0)-70(0)-220(236)-58(0)

【剣】

165-175-70-170-110-58

 

A:ジャイロボールで無振りコケコを高乱数2つ切って一発(97.9%〜)乱数1(87.5%)

D:11n

HD:特化ギルガルドの[Zシャドーボール×1/4]+シャドーボール確定耐え(〜99.3%)

 

S:最遅

 

https://twitter.com/ttriaak/status/962601275870216192?s=21

調整等はティーパーティーさんのものを使用させて頂きました。

お詫び:何故かティーパーティーさんの単体考察記事に直接飛べないという事態が発生してしまったのでティーパーティーさんのツイートのリンクからティーパーティーさんの単体考察記事に飛んでください、お手間を取らせてしまい申し訳ないです、ティーパーティーさんの許可は頂きました

 

このガルドとHB弱保ガルドの2匹を使い分けていました。どちらも構築で重いポケモンたちに強く、2匹入れたかったです。ダメ計や立ち回りについては、上のティーパーティーさんのブログや、やんこぽけさんのHB弱保ガルド単体考察記事を見て頂きたいです。

http://yanko-poke.hatenablog.com/entry/2018/03/08/103317

 

 

 

 

スイクン@ミズZ

特性:プレッシャー

性格:ひかえめ

技構成:ドロポン  こごかぜ  瞑想  吠える

175(0)-x-135(0)-156(252)-136(4)-137(252)

 

脳死で初手に投げるだけで勝てる試合もあった。左上ホルードが誘うカバ、マンダ、マンムー、ランドなどに強く、ホルードが電気を牽制するので初手に投げて出し負けることが少なく対面した相手や交代先にZの火力を押し付けることができた。

ただ高レートになるにつれミズZスイクンを警戒してか、裏にカバルドンなどを置かれることが多くなった気がする。

 

【重いポケモン

 

@ジャラZ

レートが上がらず溶けた一番の原因。マッチングしないことで対策しようとしたが何故か大量発生してめちゃ辛かった

 

@混乱実

硬いからホルードの恩返しすら耐えてくるのが強すぎる、これも流行ってて(?)辛かった

 

フリージオさんで崩すしかない

 

 

【総評】

流行っていたジャラランガなどへの対策が出来ず、レートが伸び悩んでしまい悔いの残る結果となったのが非常に残念です。ですがそれなりに個性のあるパーティでポケモンを楽しみつつ最高レートを更新&この構築で2ROM2100に乗せることができて驚きの気持ちと同時に達成感も残りました。S10は、S9のようにポケモンを楽しみつつ、今度こそ高みへ行けるよう頑張りたいです!